トップページ >>グーグルアドセンス>>Google adsense adx

Google Adsense ads.txtを今すぐ修正する方法

Google Adsense ads.txt問題

富田貴典

Google adsense ads.txtのファイルをWordperssブログに載せて問題を今すぐ修正する方法を解説!


Google adsense ads.txtとは?

まず最初に、そもそも「Google adsense adx.txtって何のか?」「設置しないと、Googleアドセンス広告は配信されないのか」って疑問に思ってる方もいると思いますので簡単に説明をさせて頂きます。

Google adsense ads.txt自体は、シンプルな文字ファイルです。

Windowsならメモ帳、Macならテキストファイルで作成され、下記のような文字が書かれた文字ファイルをブログに設置しているだけです。

Google adsense ads.txtのファイル

このファイルを設置する事で、仮にあなたの偽サイトや偽ブログがあった場合、本来あなたのブログに掲載される広告が偽サイト等に掲載されてしまうのを防ぐことが出来るわけです。

例えば、私が運営してGoogleアドセンスでも収益化している下記のブログに広告を掲載したいと思っている広告主がいたとします。

スカッシュブログ

しかし、別にもう一つ私の上記ブログを真似た偽ブログがあった場合、広告主が間違ってその偽ブログに間違って広告を掲載してしまったら…

  • 広告主も
  • 私自身も(ブログ運営者)

損をしてしまうわけです。

得をするのは、私のブログを真似た偽ブログのみ。

簡単に言えば、それを防ぐことが出来るのがGoogle adsense ads.txtのファイルなんです。

実際には、そのファイルを設置しておけば広告主がちゃんと配信先を確認できるので不正広告を防げるという事。

ブログ運営者はそこまで難しく考えずに、とにかくGoogle側が推奨しているのでGoogle adsense adx.txtは設置するのがおすすめです!

 

ちなみに、Google adsense ads.txtをあなたのブログに掲載しなくてもGoogleアドセンス広告は配信されますが設置はしておいた方が良いです。

ただし、あなたの独自ドメインじゃないとGoogle adsense ads.txtが設置できないです。

  • レンタルサーバーの初期ドメインや
  • 無料ブログのサブドメイン

等は設置が出来ない事が多いので、その場合は無理に設置をしなくても実際は大丈夫です。

Google adsense ads.txtがブログに載せてなくても、ちゃんとアドセンス広告は配信されます。

 

Google adsense adx.txtのnot foundの問題を解決する

ここからは実際に、Google adsense ads.txtをあなたのブログに載せる方法を詳しく解説します。

やり方はいくつかあって、簡単な方法もあれば初心者には少し難しい方法もありますので、基本的なやり方で簡単な方法をまずは解説させて頂きます。

まずは、Google adsense ads.txtは下記の記述をあなたの運営者IDだけ変更すれば、そのまま利用して頂けます。

google.com, pub-ここをあなたの運営者IDに変更, DIRECT, f08c47fec0942fa0

後は、

  1. Googleアドセンスの管理画面にログイン
  2. あなたのブログの運営者IDを確認し
    Googleアドセンスの管理画面
  3. 数字の部分を「ここにあなたの運営者IDに変更」に書き込むだけ。
  4. ads.txt完成
  5. 次に、Wordpressブログの管理画面にログインして
  6. 【プラグイン】→【新規追加】から
  7. 「Ads.txt Manager」を検索しプラグインを導入
    Ads.txt Managerを検索
  8. 完成したads.txtの文字を書き込む
    Ads.txt ManagerにGoogle adsense adx.txtを書き込む

というやり方が基本的には簡単な方法です。

しかし、これ以外に、もっと簡単にGoogle adsense adx.txtを掲載できる方法があります。

 

Google adsense adx.txtをWordpressに掲載する1番簡単な方法

上記のやり方よりも、もっと簡単にGoogle adsense adx.txtをあなたのブログやサイトに掲載する方法があります。

それが、Google adsense adx.txtを簡単に設置できる機能を提供するレンタルサーバーを使って設置する事です。

この機能を提供するレンタルサーバーは少ないですが、その一つが私も利用しているXserver:エックスサーバーです。

Google adsense ads.txt設定をクリック

Xserverを使えば、サーバーの管理画面にログインすると【ads.txt設定】と書かれた箇所があるので、それをクリック。

Google adsense ads.txtの設定画面

ads.txt設定画面が表示されたら

  • ads.txt設定一覧
  • ads.txt設定追加
  • ads.txt設定編集

が表示されます。

Google adsense ads.txtの設定画面

ads.txt設定追加を押すると、

  • 広告システム
  • サイト運営者ID
  • 契約種別
  • 認証機関

が表示されるので、

  • 広告システム:google.com
  • サイト運営者ID:あなたのブログ運営者ID
  • 契約種別:DIRECT
  • 認証機関:f08c47fec0942fa0

それぞれ上記の通りに入力するだけ。

このやり方なら、Wordpressブログの管理画面にログインしてAds.txt Manager等のプラグインを導入したりする作業も必要ありません!めちゃくちゃ簡単です。

ただし、Xserver以外のレンタルサーバーですと、このようなGoogle adsense adx.txtを簡単に設置できる機能を提供してない場合もあります。

 

ネットビジネス初心者の方へ↓

ネットビジネスで自由を手にした男性のイメージ画像

【初心者向け】資産型ネットビジネス始め方

step1.html【おすすめ

アフィリエイトサイトのイメージ画像

アフィリエイトとは?資産型ブログ成功事例

step2.html

資産構築型アフィリエイトのイメージ画像

自由を手にする資産型アフィリエイト入門

step3.html

 

ネットビジネスで稼ぐ為の秘訣を解説した無料メール講座

→ 今すぐコチラをクリック!